薬剤師求人 > 管理薬剤師の掛け持ちはOK?

薬剤師求人-管理薬剤師の掛け持ちはOK?

薬事のプロフェッショナルである管理薬剤師は日頃私たちの身近なところで業務を行っています。 ドラッグストアや調剤薬局、病院保険薬局、製薬会社、医薬品の卸売業などで医薬品を取り扱ったり製造や販売を行う為には、医薬品を適切に管理する管理薬剤師を置く必要があります。

薬事法によって定められている決まり事なので、違反した場合は厳しく罰せられます。 管理薬剤師の仕事は多岐に渡り、帳簿の記載や管理、販売、品質管理、回収の対応、劇物保管など、すべて挙げられないほど沢山あります。
薬剤師求人では経験有無で応募の可否が決まる

基本的には管理薬剤師というのは複数の勤務先で兼務することを禁止されています。 しかし例外として、非常勤の学校薬剤師や急患センターでの兼務は都道府県知事の許可をもらえば大丈夫です。 都道府県によっても兼務の可否が異なるので注意したいところです。

薬事法で定められているとはいえ、実際には管理薬剤師の仕事が忙しい為、兼務することは困難だと言えます。 先ほどにも述べたように、医薬品関係以外にも沢山の仕事を任せられることになるので、時間的にも難しいですね。
一般社団法人 浅草薬剤師会

複数の店舗での勤務が禁止されていますが、どんどん薬局店が新設されているので、それに伴って需要がアップしている傾向が見受けられます。 店をオープンさせる為には管理薬剤師が不可欠なので、固定のニーズがあると言えますね。 管理薬剤師になる為の資格は必要ないので、、キャリアアップを目指して挑戦してみるといいかもしれません。

ですが、軽々しくこなせる仕事ではなく、勤務先によって必要な知識や経験が異なるので、その点を覚悟する必要があります。 知識や経験以外にも医療人としての倫理観や管理者として人間性が求められることでしょう。

逆を言えばとてもやりがいのある仕事なので、管理薬剤師を目標にしてモチベーションをアップさせてみるといいかもしれませんね。管理薬剤師とは年収アップとキャリアアップを目指している薬剤師にとって挑戦したい仕事だと言えます。